2019-09-03から1日間の記事一覧

火とぼし山

[童話]火とぼし山 火とぼし山 56 第六章 湖を泳ぐ娘 4 すると・・・。 「あっ、次郎さんだ。約束通り、火をたいてく れたのね。ありがとう、次郎さん。今、行くか らねー」 きよが、大声でさけびました。 みると、西の山に、小さな火がともっています。 …