2019-09-13から1日間の記事一覧

火とぼし山

[童話]火とぼし山 火とぼし山 66 第六章 湖を泳ぐ娘 14 「そんなことをいって、次郎さんは私と会うの がいやになったんじゃないの」 きよがさみしそうにいいました。 「考えすぎだよ」 「じゃあ、見合いをした人と会うため」 「その人とは会っていない」…