鹿になった観音さま


   鹿になった観音さま8


「タケルとチハヤが、石になって
いる。なぜだ」


  黄金色の大きな鹿。

  黄金のように、ぴかっぴかっと
  光っている小さな観音さま。

  石になってしまったタケルとチ
  ハヤ。



三郎には、なにがなんだかわかりま
せんでした。
夢をみているような感じでした。



「とにかく、和尚さまに知らせなく
ては」
三郎は、観音さまをもって、急いで
寺へ帰りました。



「和尚さま。た、大変です」
「どうしたのじゃ。三郎さ」
「裏山に、こんなものが落ちていま
した」
三郎は、観音さまを和尚にわたしま
した。


             つづく



「鹿になった観音さま」は、信州の
伊那谷・「三穂」に伝わっている話
をヒントにして、みほようこが書い
たもの。