風の神様からのおくりもの


  風の神様からのおくりもの 4


「どうか赤ちゃんを…どうか赤ちゃん
を助けてください。お願いします」
「神様、どうか孫を助けてください
ませ」



「この子は、おそらく助からないだ
ろう。 たとえ助かったとしても、普
通の生活はできないだろう。 かわい
そうに…」



「小桜姫さま、小桜姫さま。 どうか
私を…どうか私を助けて…」
神様の耳に、いろいろな人の声が聞こ
えてきました。


     つづく


「風の神様からのおくりもの」は、
みほようこの初めての童話集「風の
神様からのおくりもの」に収録されて
います。


2001年8月、「鳥影社」から発行







心を病む兄のために、明神さまに
お参りする心優しい少女の話など
4編。
心温まる創作童話。
挿絵は、長野ひろかず先生。



   童話集「風の神様からのおくりもの」


http://www.geocities.jp/dowakan/douwasyuu1.html