風の神様からのおくりもの


 風の神様からのおくりもの 29


「まゆが歩いた、まゆが歩いたのよ」
おかあさんは、大声でさけびました。 
まゆはにこにこしながら、ゆっくり
ゆっくり五歩ほど歩きました。



その時です。
お守りにしていたまゆ玉の中から、黄
金色のがが何万匹と飛び出しました。
黄金色のがは、守屋山に向かって飛ん
でいきます。



そして、空には、大きな黄金色の虹が
かかりました。


     
      つづく


「風の神様からのおくりもの」は、
みほようこの初めての童話集「風の
神様からのおくりもの」に収録されて
います。


2001年8月、「鳥影社」から発行







心を病む兄のために、明神さまに
お参りする心優しい少女の話など
4編。
心温まる創作童話。
挿絵は、長野ひろかず先生。



   童話集「風の神様からのおくりもの」


http://www.geocities.jp/dowakan/douwasyuu1.html