火とぼし山

[童話]火とぼし山


火とぼし山 17


第二章 再会 7


「十日後なんて、いや。私、毎晩でも次郎さん
に会いたい。だって、引っ越しをする前は、毎
日次郎さんと会っていたんだもの」
きよが、さみしそうにいいました。
「じゃあ、五日後に会おう。きよちゃん。会え
るのを楽しみにしているよ」
きよは、心ひかれる思いで家に帰りました。


その後。
二人は、月に何度か会いました。
そして、一晩中語りあかしました。楽しいひと
ときでした。


        つづく