鹿になった観音さま

[童話]鹿になった観音さま


鹿になった観音さま 9


「何だろう」
近づいてみると、小さな観音さまでした。
身の丈は、二寸(六センチ)くらい。
黄金のように、ぴかっぴかっと光っています。
そして、観音さまの横には、石が二つころがっ
ていました。
「なんだ、この石は」
よくみると、タケルとチハヤでした。
「タケルとチハヤが、石になっている。なぜだ」


黄金色の大きな鹿。
黄金のように、ぴかっぴかっと光っている小さ
な観音さま。
石になってしまったタケルとチハヤ。


        つづく