鹿になった観音さま

[童話]鹿になった観音さま


鹿になった観音さま 12


「何? いとめた鹿が、消えてしまったと。
三郎さ、夢でもみていたのではないのか」
和尚がいいました。
「いいえ、和尚さま。夢なんかみていません」
三郎が、きっぱりいいました。
「そうか」


「わしは、その鹿をさがして、山の中をあちこ
ち歩きました。
そして、大きな杉の木の根元で、この観音さま
をみつけたのです」
「ふしぎなことがあったものじゃのぅ。それで、
うちのタケルとチハヤは?」
「それが・・・」
「三郎さ、どうしたのじゃ」


         つづく