鹿になった観音さま

[童話]鹿になった観音さま


鹿になった観音さま 14


「消えている?」
「ほら、あそこ」
みると、小さな観音さまが一つ消えています。
「ほんとだ」
二人は、びっくりしました。


「三郎さ。黄金色の鹿は、小さい観音さまの
化身だったのかもしれないぞ」
「えっ、観音さまの化身?」
「そうじゃ」
「じゃあ、わしは・・・観音さまに・・・矢
をむけたということですか」
「そういうことになるかのぅ」
和尚がいいました。


        つづく