竜神になった三郎

[童話]竜神になった三郎


   竜神になった三郎 1


たてしな山のふもとに、小さな村がありました。
あっちをむいても、こっちをむいても、山・やま・山。
さるやりす、かもしかや熊も住んでいる、山深い村
でした。


その村に、太郎・次郎・三郎という、三人の男の子
が、仲良く暮らしていました。
「太郎さと次郎さは、元気がいいのぅ。いたずらもよ
くするし」
「それにくらべ、末っ子の三郎ちゃは、おとなしい
のぅ。誰ににたのじゃろ」
村の人々がいうように、三郎は大人しい心のやさし
いこどもでした。


         
        つづく





竜神になった三郎」は、みほようこの二冊目の
童話集「竜神になった三郎」に収録されています。


https://mihoyouko.web.fc2.com/douwasyuu2.html


童話集「竜神になった三郎」の価格は、
現在 1540円です。