ふしぎな鈴

[童話]ふしぎな鈴


   プロローグ 2


「今年もきれいに咲いたのね」
かなは、そっと花のにおいをかぎました。
桜の花の香りが、あたりにぷーんとただよいました。


大好きなおとうさんがなくなった年の春。
かなはおとうさんといっしょに、この丘へ桜の花をみ
にきました。
桜の花が美しく咲いていたのを、今でもはっきりお
ぼえています。


その時、おとうさんは小桜姫の話をしてくれました。
小桜姫が大切にしていた、二つの鈴のお話です。
「そんな鈴があったらいいなぁ。大好きな小鳥や花
とお話ができるなんて、さぞ楽しいだろうな。小桜
姫さまのように、私も小鳥や花とお話をしてみたい」
かなはそう思いました。


         つづく





「ふしぎな鈴」は、みほようこの二冊目の童話
「ふしぎな鈴」に収録されています。


https://mihoyouko.web.fc2.com/douwasyuu3.html



「ふしぎな鈴」の価格は、現在 1540円です。