ふしぎな鈴

[童話]ふしぎな鈴


   校長先生と桜の鈴 3


すると、目の前の木にうぐいすがとまっています。
「ホーホケキョ、ホーホケキョ」
かなが近づいても、うぐいすはにげません。
うぐいすは、かなを案内するかのように、かなの前
をとんでいきます。
「ふしぎなうぐいすだな」
かなはそう思いました。


うぐいすに案内されて丘へつくと、桜が美しく咲い
ていました。
そして、桜の木の下には、校長先生が立っていま
した。
「美しい桜だねぇ」
校長先生はにこにこしながらいいました。


         つづく





「ふしぎな鈴」は、みほようこの三冊目の童話
「ふしぎな鈴」に収録されています。


https://mihoyouko.web.fc2.com/douwasyuu3.html



「ふしぎな鈴」の価格は、現在 1540円です。