ライオンめざめる

[童話]ライオンめざめる


   ライオンめざめる 11


「うーん・・・うーん・・・」
ライオンのうなり声で、かなははっとわれにかえりま
した。
あんなにたくさんいた赤いちょうは、どこをさがして
も一匹もいませんでした。
「赤いちょうは、どこへ消えてしまったのかしら」
かなは、ふしぎに思いました。


みると、松虫草の花が、何事もなかったかのように、
風でゆれています。
「いたいよぉー・・・いたいよ・・・」
ライオンが、またないています。
かなは、いつものように、ロケットをやさしくなでてあ
げました。


       つづく





「ライオンめざめる」は、みほようこの四冊目の
童話集「ライオンめざめる」に収録されています。


https://mihoyouko.web.fc2.com/douwasyuu4.html



童話集「ライオンめざめる」の価格は、現在 1540円です。

ライオンめざめる

[童話]ライオンめざめる


   ライオンめざめる 10


しばらくすると、あっちの方から一匹、こっちの方か
ら一匹と、たくさんのちょうが、松虫草のまわりに集
まってきました。
ちょうの数は、何百匹。
いや何千匹でしょうか。
集まってきたちょうたちは、かなとりゅうのまわりを、
楽しそうにひらひらと舞い始めました。


だれがふいているのでしょうか。
どこからか清らかな笛の音も聞こえてきます。
ちょうたちは、その笛の音にあわせ、楽しそうに舞
っています。


       つづく





「ライオンめざめる」は、みほようこの四冊目の
童話集「ライオンめざめる」に収録されています。


https://mihoyouko.web.fc2.com/douwasyuu4.html



童話集「ライオンめざめる」の価格は、現在 1540円です。