鹿になった観音さま


   鹿になった観音さま13


すると、和尚がいいました。
「三郎さは、あけてもくれても、鹿
狩りをしている。もういいかげんに、
殺生をやめたらどうかと、観音さま
がいっているのかもしれんぞ。



鹿は、神様や仏さまのおつかいをし
ている動物じゃ。
三郎さは、鹿狩りの名人。観音さま
は、おつかいをしてくれる鹿がいな
くなってしまうのではないかと、心
配されたのかもしれんぞ。



実は、わしも、三郎さに殺生をしな
いようにと忠告しようと思っていた
ところじゃ」
「鹿は、神様や仏様のおつかいをし
ている動物なのですね。知りません
でした」
和尚のことばを聞き、三郎ははっと
しました。


              つづく



「鹿になった観音さま」は、信州の
伊那谷・「三穂」に伝わっている話
をヒントにして、みほようこが書い
たもの。