童話

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 44 「そうべえさん。私、権現城の奥がたのお万でござ います」 「奥がたさま?」 「はい、お万でございます」 「あっ、奥がたさま。失礼しました。 奥がたさま。 そんなかっこうをして、どうなさったのですか」 そうべえ…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 43 「以前、城で働いていた人ですよ。浪合の実家へ 帰る時には、いつもそうべえさんに送っていただ いたのよ」 お万は、そうべえのことを、長五郎に話しました。 一時間後。 お万たちは、ようやくそうべえの家にたどりつ…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 42 「一日も早く、戦のない平和な世の中になりますよ うに」 お万は、心の中で祈りました。 お万と長五郎は、下条の追手を逃れ、一晩中山の 中を歩きました。 東の空が、だんだんに明るくなってきました。 「長五郎、疲れ…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 41 茂みの間から城をみると、城がめらめらと燃えてい ます。 「城が燃えている。盛永さまや家臣たちは、だいじ ょうぶかしら。無事に城を逃げだすことができただ ろうか」 お万は、盛永や家臣たちのことを、心配しました…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 40 「幼いこどもをつれているから、遠くへは行くま い。どこかにかくれているのだろう。早く三人を みつけろ」 近くで、兵士たちの声が聞こえました。 お万と長五郎は、木のしげみにかくれました。 「お母さま」 「長五郎…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 39 「何をいいます、奥がたさま。わしが、最後まで二 人をお守りいたします。どうか安心してください」 家臣がいいました。 ところが、下条の追手から逃げまわっているうちに、 お万たちは家臣とはぐれてしまいました。 …

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 38 「だいじょうぶです、奥がたさま。奥がたさまが、着 古した野良着を着ているなんて、誰も思いません から。さあ、先を急ぎましょう」 お万たちは、下条の兵士たちにみつからないよう に、足早に歩いて行きました。 「…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 37 お万たちは、近道を歩いて行きました。 すると、向こうから、下条の兵士が二人歩いてきま した。 「おい。今、すれちがった百姓の一家、奥がたと若 君ではないか」 「まさか。奥がたが、あんなうす汚い野良着をきて い…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 36 楽しかったこと、苦しかったこと、辛かったことな どが、次々に思い出されました。 「盛永さまや家臣たちが、無事でありますように。 もう一度、この城に戻ってくることができますように」 お万は、心の中で祈りました…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 35 一方、奥がたのお万は、幼い長五郎を胸にだき、 家臣とともに城を出ました。 そして、浪合の実家へ向かいました。 お万たちは、下条の兵士たちにみつからないよ うに、着古した野良着をきて、城を出ました。 誰がみて…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 34 しかし、犬坊は、その声を無視しました。 「盛永さまは、私ひとりのものだ」 そうさけぶと、犬坊は、盛永の心臓をめがけてさし ました。 「うーっ」 盛永が、うめき声をあげました。 胸から、血がふきだしました。 「…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 33 「犬坊。おまえは、この世で一番かわいがってくれ た人に、やりをむける気か。落ち着け、落ち着くの だ。そんなことをしたら、おまえは一生後悔するぞ」 どこからか、声が聞こえてきました。 「犬坊」 「犬坊や」 盛永…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 32 「落ち着け、落ち着くのだ。たかが、寝言ではな いか」 犬坊は、自分の心に何度もそういいきかせました。 でも、犬坊は、自分の気持をコントロールするこ とができなくなっていたのです。 「盛永さまは、私ひとりのも…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 31 私は、お万さまも、大好きだった。 母のように慕っていた。 お万さまも、心から私をかわいがってくれた。 でも、盛永さまは、誰よりも奥がたのお万さまを 愛し、大事に思っていたのだ。 くやしい。 犬坊の頭の中を、こ…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 30 「お万。お万は・・・無事か」ということばを 聞いた犬坊は、頭の中が真っ白になりました。 犬坊は、ぐっすり眠っている盛永の口から、そ んなことばを聞くとは思ってもいませんでした。 盛永さまは、誰よりもこの私を…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 29 私は、盛永さまに「少しは領民のことも考 えてください」と、なぜいえなかったのだ ろうか。 犬坊は、盛永につかえた三年間を思い出し、 複雑な気持になりました。 どのくらいの時間がすぎたのでしょうか。 「お万。お…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 28 犬坊は、盛永やお万・長五郎とすごした三年 間を、なつかしく思い出しました。 三人とすごした三年間は、とても楽しい生活 だった。 でも、辛いことも多かったなと、犬坊は思い ました。 盛永さまに気にいられたことで…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 27 「私は、殿様の身近にいたので、殿様の良い 所も悪い所も知っております。領民や家臣た ちから、殿様のことを聞くたびに、なぜ領民 のことを思いやることができないのだろうと、 残念に思いました。もう少し領民のこと…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 26 「犬坊。おまえは、わしの小姓になったことを、 後悔しているのか」 「いいえ。後悔しておりません。殿様にも、奥 がたのお万さまにも、かわいがっていただきま したから。若君の長五郎さまとも仲良しになれ ましたし…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 25 「犬坊。三年前、おまえに会ったのは、この小 屋の近くだったのぅ」 「殿様、よくおぼえていますね。あれは、殿様 が鹿狩りをしていた時でしたね」 「おまえは、わしが追っていた鹿を、たった一 本の矢で射止めた。す…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 24 「全員無事だといいですね。さあ、殿様。追手 がくるといけないので、少しでも安全な場所へ 逃げましょう」 犬坊が、盛永をせかしました。 二人は、下条の追手を逃れ、山の奥へ奥へと逃 げて行きました。 「殿様。あそ…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 23 盛永は、目の前で燃えている城をみて、心の 中でつぶやきました。 「殿様、どうかなさったのですか」 犬坊が心配して聞きました。 「犬坊。戦とは、むなしいものじゃのう」 「ほんとにむなしいですね」 燃えている城を…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 22 「あの城は、領民たちの年貢で建てた城。その 城が、燃えている。城は、わしのものだとばか り思っていた。でも、よく考えてみれば、城は 領民たちのものだったのだ。あの城は、領民た ち一人一人の汗の結晶だったのだ…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 21 後から、下条の兵士たちが追ってきます。 二人をめがけ、矢や石がとんできます。 「殿様。いつも鹿狩りに行くあの山へ逃げま しょう。そうすれば、下条の追手から逃げ切 ることができます」 盛永と犬坊は、いつも鹿狩…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 20 中には、追手につかまり、やりで殺された人 もいます。 「さあ、犬坊。城から脱出するぞ」 盛永が、犬坊にいいました。 二人は、下条の兵士たちにみつからないよう に、こっそり城を出ました。 でも、兵士たちにみつか…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 19 家臣たちは、城を逃げ出す準備を始めました。 そして、数人ずつ、めだたないように城をぬ けだしました。 ところが、すぐ下条の兵士たちにみつかって しまいました。 「家臣たちが、城を逃げだしたぞ。早くつか まえろ…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 18 消しても、消しても、次から次へと火の手が あがります。 城の中は、火の海でした。 城内には、煙がもうもうとたちこめています。 家臣たちは、戦うすべもなく、安全な場所を さがし、城内をあちこち逃げまわりました…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 17 百本、いや五百本・・・数えきれないほどの たくさんの矢でした。 「どすん」 城の壁にむかって、大きな石がなげつけられ ました。 あちこちから、小石もとんできます。 鉄砲の弾もとんできました。 「殿様。城に火が…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 16 権現城では、戦の準備もととのわないまま、 下条との戦が始まりました。 下条の軍勢は、数百。 こちらは、城内にいた数十人のみ。 急なことゆえ、かけつけてくれる援軍もあり ません。 権現城は、たちまち下条の軍勢に…

赤い夕顔の花

[童話]赤い夕顔の花 赤い夕顔の花 15 「さあ、お万。この野良着に着がえ、急い で城をでなさい」 盛永が、お万をせかしました。 お万と長五郎は、うすよごれた野良着を着 て、家来とともに城を出ました。 五分後。 「ぱか、ぱかっ、ぱか」 下条軍のひずめ…