ふしぎな鈴

[童話]ふしぎな鈴


   小桜姫とふしぎな鈴 1


今からおよそ五百年前。
小桜姫は、相模の国・鎌倉で生まれました。
姫の生家は、大江といいます。
大江家は、大昔からずっと続いた旧家でした。
大江家には男の子が一人もなく、こどもは姫だけ。
大江家にとって、姫はたった一人の大切なこどもで
した。


その頃の鎌倉は、武家やしきが建ちならぶ、物静か
な町でした。
そんなやしきの中でも、大江家は立派な門がまえの、
大きなおやしきだったのです。


         つづく





「ふしぎな鈴」は、みほようこの二冊目の童話
「ふしぎな鈴」に収録されています。


https://mihoyouko.web.fc2.com/douwasyuu3.html



「ふしぎな鈴」の価格は、現在 1540円です。